beingbilinguals

バイリンガリズムに関して、これまでも多くの研究が続けられています。複数の言語を話すことは、非常に多くの利点がありますが、子供にはどのような影響があるのか、まとめてみました。

バイリンガル脳が持つ利点

以下の動画はTEDで公開されている「バイリンガルの脳が持つ利点―ミーア・ナカムッリ」の動画です。

この中で、第2言語を学んだ人たちは 、 何か問題に直面した場合 母語を使っている時に比べて感情によるバイアスにとらわれず、理性的に対処できるそうです。マルチリンガルの脳にはいくつか顕著な利点があり、バイリンガルの脳は 生涯にわたって高度に鍛えられるので アルツハイマー病や 認知症などの発症を 5年程度 遅らせることもあるそうです。

また、次には、Bilingual Kidspotでも紹介されているバイリンガルになる10のメリット(利点)を参考に、記載してみました。

1. バイリンガルであることで脳が活性化

モノリンガルの脳に比べ、マルチリンガルの脳はマルチタスクを行うことが多いため、現代の研究ではバイリンガルであることで脳卒中を起こすリスクを減らすこともできるとしています。
また、アルツハイマーや認知症などの認知機能が低下する傾向もあるとしています。こうした医学的研究によってバイリンガルで話す人々は大人であっても子どもであっても脳への良い影響があることがわかってきました。

2. 学習能力が高い子に育つ

バイリンガルの子ども多たちは、教育環境においても学力が優位に立っていることも研究で明らかになってきました。バイリンガルの子どもたちは3歳、4歳、5歳前後で言葉に少し遅れが出ることもありますが、7歳までに追いついていき、同年齢の子どもたちに比べて学習能力が上回っていくことが判明されました。また、バイリンガル環境で育った子供たちは、気を散らかすこともなく、学習に集中することが得意になります。

3. 子どもたちの将来のビジネス環境においても多言語に価値

マルチリンガルに言葉を話すことは、今後子供たちが将来採用されるときにおいても、優位となります。グローバルに活躍している企業ほどバイリンガルな人材を求めている傾向は今後も変わらないことが予想され、言語をツールとして資格のように就職のチャンスが広がる可能性も高いです。

4. バイリンガルは健康上にもメリットがある

バイリンガルでいることはより健康でいるためのリスクの軽減にもなっているようです。認知症やアルツハイマー病の発症を遅らせるだけではなく、脳卒中があった場合の回復、また日々の生活でもモノリンガルの人と比べてストレスレベルも低いことが研究で明らかとなっており、健康面でプラスとなることが立証されてきています。

5. 複数の言語を使うことは心をよりオープンに変革する

バイリンガルである場合、環境の変化に用影響を受けにくく、新しいことや新しい経験にオープンであるスタンスとなっているようです。バイリンガルであることは、こうした新しい物事に触れるという好奇心も旺盛になっていくようです。

6. 海外旅行もより楽しくなる

海外旅行などで得られる経験も、言葉が話せるようになればもっと多くの人々に触れあうこともでき、より楽しい旅が満喫できるようになります。地元の人々とコミュニケーションをとることで他の文化や言葉をより深く体で体験できるようになるでしょう。

7. 社会的機会が広がる

バイリンガルであることは、社会的にも多くの人々に触れあう機会が増加し、人生において様々な趣味や活動を一緒に楽しむことができます。多くの人とコミュニケーションが増えることで社会的な価値も大きく変わっていくことになるでしょう。

8. バイリンガルは新しい別の言語を学習する能力も高い

バイリンガルのように2つの言語を習得している場合、追加にまた新たな言語を学んでいく場合もモノリンガルの人々よりも優位であるとしています。すでに2つの言語を学べている経験を第3の言語にも役立てることができるのです。

9. バイリンガルはバイリンガルの家庭を気付くことができる

もし、あなたがバイリンガルでお子さんをバイリンガルに育てようとしている場合、きっとそのお子さんも将来、バイリンガルな家庭を築くことができるといえます。あなたから学習したことを次の世代、また次の世代へと生かす事ができるのです。そうして育った子供たちは言葉というとても素敵なギフトを親から子へ受け継がれていくことでしょう。

バイリンガルはマイノリティではない

バイリンガルであることは、自分の身の回りの人たちはまだそれが一般的でないかもしれませんが、世界の半数以上が複数の言語を話しています。また、世界中の多くの国ではバイリンガルに複数言葉を話すのが標準でもある国もあります。より世界はグローバルに、そして多言語になっていきますので、多くの子どもたちがバイリンガルとなる教育や学習環境を与えられるようになると良いですね。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事