2020年英語教育改革がスタート!

2020年教育英語改革で何が変わる?

2020年、文部科学省では英語教育改革を実施すると発表し、小学校から大学入試までの英語教育の方法とレベルが変化します。現在すでに公立の小学校5年生で行われている「外国語活動」という体験型学習を小学3年生からスタートすることになります。日本人の英語力はアジア諸国の中でも最低レベルであり、世界で通用する英語力の習得を目指しての大改革が進められます。

改革の背景

以下は、文部科学省で公開されている「今後の英語教育の改善・充実方策について 報告~グローバル化に対応した英語教育改革の五つの提言~」で掲載されている改革の背景です。

グローバル化の進展の中で、国際共通語である英語力の向上は日本の将来にとって極めて重要である。アジアの中でトップクラスの英語力を目指すべき。今後の英語教育改革においては、その基礎的・基本的な知識・技能とそれらを活用して主体的に課題を解決するために必要な思考力・判断力・表現力等の育成は重要な課題。

我が国の英語教育では、現行の学習指導要領を受けた進展も見られるが、特にコミュニケーション能力の育成について改善を加速化すべき課題も多い。東京オリンピック・パラリンピックを迎える2020(平成32)年を見据え、小・中・高等学校を通じた新たな英語教育改革を順次実施できるよう検討を進める。並行して、これに向けた準備期間の取組や、先取りした改革を進める。

現在世界もグローバル化が進み、今後子供たちの将来では英語を仕事や勉強などで使っていくことは当たりまえとなっていくでしょう。そうした中で、日本語と英語を駆使する人材が求められます。外国語学習を早期に取り組んでいくことで、これまでの高校卒業時までに到達できるレベルも高くなっていきます。

小学3年生から英語学習スタート

公立小学校の3年生は「読む」「話す」を中心とした授業を週に1・2コマ程度の外国語学習が必須となります。小学3年生、4年生は「体験型学習」という形で英語に慣れ親しんでいくことを念頭に進められます。

小学校5年生から教科として成績が評価される

小学校5年生からは教科型となり、コミュニケーション能力の基礎を養うことを目標に、初歩的な英語の運用能力を身に付けるために必要な一定時間(年間70単位時間、週2コマ相当)を確保し、モジュール学習も活用しながら、週3コマ程度を確保することが予定されています。 (※モジュール学習とは、10分、15分などの時間を単位として取り組む学習形態。) 教科となることで、小学校での教科は、国語・算数・理科・社会に加えて英語が加わり、5教科という構成に変更となります。

中学校では英語で授業が実施される

中学校からはこれまで先生の英語の授業の説明も日本語であったのが、100%英語で授業が行われます。英語を使ってコミュニケーションをとることを目指す授業になり、身近な話題について話せるようになることを目標とします。これまで文法や語彙の向上を目指す授業が主流でしたが、中学では体系的に学ぶ要素が取り入れられていきます。

高校ではプレゼンや交渉など高度な言語活動を英語で行えるように設定

高校での授業も基本的にすべて英語を使用して行われます。また、プレゼンテーションや討論、交渉などの高度な言語活動を英語で行えるように指導されます。英語の4技能とされる「聞く」「話す」「読む」「書く」を身に着けることを目標に教育が行われます。2020年度(2021年)にはセンター試験がなくなり、大学入学共通テストとなります。従来のセンター試験との一番大きな違いは、「英語の試験に面接(スピーキング)と筆記(ライティング)が必須となり、英語の4技能(読む書く聞く話す)がきちんとチェックされる。」という部分です。

英語公用語化とする企業も増えている

現在では英語のテストを採用や昇格の一部の基準として設けるなど、英語力のある人材が求められています。また、英語を公用語化し、英語をビジネスの日々の業務の中で使用していく企業も増えてきました。 グローバル社会を生き抜くには英語を使いこなせる人材が重要視されており、バイリンガルな育児を実践を家庭の中でもしていくことが今まで以上に重要になってくると筆者は思います。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事