0歳からはじめよう!マザーグース(英語のお歌)
赤ちゃんが英語でパパやママと触れ合いながら楽しめる、英語のお歌は小さいころから英語に触れ合う機会を作る基礎となります。英語の苦手なパパやママも、お子さんと一緒に歌詞を覚えて、楽しみながらお歌を覚えていってくださいね。0歳からこうしたマザーグースに触れ合いながら、英語に抵抗を失くしていくことも大事なステップのひとつです。

マザーグースのメリット

マザーグース(Mother Goose)は、Nursery Rhymesとも呼ばれ、元はイギリスやフランスで古くから伝わる元は伝承童話の意味で使われていました。後に、庶民から貴族まで昔から親しまれ、現在は童謡の総称となっています。イギリスでは、Nursery Rhymesと呼ぶほうが一般的のようです。 こうしたマザーグースはイギリスやアメリカで、子供たちが赤ちゃんの頃から慣れ親しんでおり、特に未就学児はマザーグースで歌いながら英語の基礎を作ります。 マザーグースのどのようなことが英語の学習に良いのでしょう。
マザーグースのメリット
  1. 韻 (Rymes)を踏みながら音楽に添えて覚えられるので、その単語の音を繰り返し聞くことに役立ちます。
  2. マザーグースを歌うことで、子供の舌と口での発音を強化することができます。
  3. マザーグースの絵本では、音楽に触れながらお子さんの読書をより深めることができます。(楽しみながら読むことができるので、お子様が飽きません)
  4. マザーグースの中では、アルファベットや語彙、数え上げなどの簡単な練習ができるものがあります。文字や数を覚えるための基礎を積むことができます。
  5. 歌を歌いながらどんな様子か考えるので、想像力が向上します。
  6. 歌詞を覚えて歌おうとするので、言葉を覚える暗記の力も強くなります。
  7. 赤ちゃんの頃から振れれば、言葉を発する前からの基礎的なボキャブラリーを蓄積することができ、言葉を発するまでの言語学習にも繋がります。

マザーグースを生活の中に取り入れる

赤ちゃんの頃からマザーグースは英語に触れ合うはじめの一歩として生活の中の一コマに取り入れていってあげてほしいと思います。ここではいくつか英語のマザーグースに触れ合うための良いグッズを紹介ます。

Wee Sing Mother Goose

We SIng Mother GooseはCDに70曲以上もの歌が入っており、最初から最後まで聞くと1時間ほどの内容です。楽しい手遊び歌も挿入されているので、繰り返し聞きながら手遊び歌を楽しむことができます。

Nursery Rhyme Singing Time With Mother Goose Club

Mother Goose Clubは、YouTube動画のチャンネル運営をしており、マザーグースを楽しく学習できます。YouTube動画は途中途中で広告も入ってきたりしますが、DVDやアマゾンプライムビデオから閲覧するとストレスなく観賞することができます。
https://www.youtube.com/watch?v=kLvbJ6e_SdI

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事