Stay Home特集 コロナウィルスからお子さんを守るためにいまできること

2020年2月27日、新型コロナウイルス感染拡大を防止するため、政府は全国の小・中・高等・特別支援学校に対して臨時休校を要請しました。また、これに伴い保育園に預けているお子さんのいらっしゃるご家庭でも感染予防のために登園自粛をされている方も多く、不安に感じている保護者の方も多いと思います。
Bilingual Futureでは、こうした登園自粛の動きや家庭での保育を余儀なくされている方々に、少しでもおうち英語を効果的に学習できるサービスや情報を提供できるようにいたします。

コロナ禍における子供の継続的な学習を

UNICEF(国際連合児童基金)ではコロナウィルス禍においては、子供たちが学習を続けていくのには5つのステップが必要だとしています。5 ways to help keep children learning during the COVID-19 pandemicのページを参考に皆さんにご紹介します。

1. Plan a routine together

インターネットやテレビ、ラジオで視聴できる年齢に応じたプログラムを考慮して毎日のルーチンを計画することが必要です。また、再生時間や読書時間に配慮するようにしてください。日常に子どもの学習の機会が与えられるよう、計画をしていくことが大事です。

2. Have open conversations

お子さんに質問をして今どのような気持ちでいるのか感じ取ってあげてください。お子さんはストレスに対する反応はさまざまであるため、理解するのには通常以上に難しい状況と言えるでしょう。お子さんが直面している問題についてどのように感じているか質問することから始め、それに対してどの程度問題を理解sているかについても探ってみましょう。また、コロナ禍においては手洗位の話など、適切な衛生習慣についても話し合うことが必要です。自由に話せる環境づくりを行い、コミュニケーションをとってみましょう。まずはお子さんがどのように思っているのかを認め、いつでもあなたに話すことができるのだということを理解させましょう。またこういった時期にはデマ情報も飛び交うので、信頼できる情報源を利用するようにうながしましょう。

3. Take your time

学習のセッションははじめ短い時間から始め、徐々に長くしていきます。目標が30分や45分のセッションである場合、10分から始めて到達できるように徐々に進めていってください。オンラインのアクティビティやオフラインのアクティビティを組み合わせながら学習を進めていきます。

4. Protect children online

お子さんがオンライン環境にいる場合、お友達と連絡を取り合ったり、学習にも良い効果がある一方で、オンラインへのアクセスが増えると子どものプライバシーに対するリスクが高まります。ビデオ通話など子どもたちが使用するのはどのプラットフォームで行うのか、事前に理解するようにしましょう。また、インターネットをいつ、どこで利用するのかについても一緒にルールを決めていきます。デバイスにはお子さんが不適切なサイトをを見ないようにペアレンタルコントロールを設定するようにします。年齢に応じたアプリやゲームが適切に使用できる環境を構築することが大切です。

5. Stay in touch with your children’s education facility

お子さんの保育園や幼稚園、学校の先生と連絡をよくとり、最新の情報を入手したりしながら必要な情報を得られるようにしましょう。また、親同士のママ友、パパ友のオンラインを通じたコミュニティグループは、お互いをサポートするのにも良い手段の一つです。

Coronavirus disease (COVID-19) information centre

UNICEFでは、コロナウィルス禍における必要な情報を「Coronavirus disease (COVID-19) information centre」にて情報公開しています。

このビデオは保護者として知っておくべき6つのこと「Coronavirus disease (COVID-19): What parents should know」が紹介されています。

The Wiggles Handwashing Song | UNICEF

コロナウィルスから子供たちを安全に保つ一番の方法は手荒いです。少なくとも20秒間継続的に手洗いをすることが良いとされています。

世界中の子供に人気のオーストラリアのバンド The Wiggles(ザ・ウィグルス)は、オーストラリアの音楽とパフォーマンスを行うグループで、オーストラリアで最も成功したバンドとしても有名です。 オーストラリア以外のアメリカとイギリスを含む英語圏の国でも、子供たちに大人気なWigglesがUNICEFと共同で手洗いビデオを公開していますので、ぜひお子さんとご覧ください

スポンサーサイト

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事