0歳児のバイリンガル育児メモ

0歳の赤ちゃんの時の英語との関わり合いは、どのように接していけばよいかここではご紹介したいと思います。0歳時期はたくさんの言語を吸収できるインプット時期です。赤ちゃんは6カ月になると、様々な言語を瞬時に識別する能力を持っているそうです。こうした時期に音のインプットをたくさんしていくことが良いです。

たくさんの英語の歌やチャンツ(Chants)を聞かせる

お遊びの時に自然に耳に触れるような英語の音楽、特に英語の童謡であるMother gooseソングを聞かせていくことからまずは始めていきましょう。

楽しい音楽でママやパパと遊ぶときに傍らで音楽がかかっているといった感じで結構です。英語の音に触れさせて、日本語にはない発音をたくさん触れさせていくことが大切です。YouTubeにもMother gooseで検索すると英語の童謡もヒットするので、利用してみてください。

また、Mother gooseのほかにもチャンツといってフレーズを繰り返し聞くことも赤ちゃんにはよいと思いますので是非チャンツも試してみるとその後2歳や3歳になったとき、英語のキャッチアップがとても速くなっていくと思います。

挨拶など基本フレーズ20項目は毎日繰り返す

赤ちゃんが一日に通しでいろんな英語のフレーズが聞くことができるように、英語が苦手という方はまず20フレーズほどは覚えて実践していくと良いです。

お目覚めのとき

  • Good morning! (おはよう!)
  • Did you sleep well? (よく眠れた?)
  • Come to mommy. (ママのところにおいで)
  • It's a nice day! (今日はいい天気だね)

お世話をするとき

  • Time to change your nappy. (おむつを替えようね)
  • Are you hungry? (おなか減ったの?)
  • Let's eat! (いただきます/ごはん食べようね)
  • Let's change clothes. (お着替えしましょう)
  • Let's take a nap. (お昼寝しましょう)
  • Let me wash your body. (身体を洗いましょう)
  • It's okay. (大丈夫/OK)
  • Try again. (もう一回)
  • Good try!/You did it! (よく頑張ったね)

就寝のとき

  • Time to sleep. (寝るの時間だよ)
  • I love you (愛してるよ)
  • Good night (おやすみ)

パパやママがしていることを実況する

ママやパパがミルクを作っているとき、料理をしているとき、お出かけしようとしているときなど、今していることを英語で実況して教えてあげるということも、英語と動作を結び付け理解を促す良い機会です。

  • Mommy is cooking now. (ママは今お料理しているよ)
  • Daddy is now cleaning. (パパはお掃除しているよ)
  • Let's go out. (お出かけしよう)

などといった具合に、パパやママの行っている行動を見せてあげながら一つ一つを実況して説明してみましょう。赤ちゃんはまだこの段階ではしゃべることがないので地道な努力が必要ですが、毎日の努力をたくさん積んでいくと、その後の英語の習得が早いですから頑張って続けていかれることをお勧めします。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事